代表銘菓
  • お買い求めはこちらから
  • 夷川五色豆ができるまで

京名物 夷川(えびすがわ)五色豆。 豆は、円実(まろみ)または真実(まみ)の転語であり、古くから日本の食生活に欠かすことの出来ない食品でありました。そして豆は魔滅(まめ)の意味もあり、藤原時代から高貴な供物にもなり、数ある節句や由緒ある式膳にも必ず使われておりました。
夷川五色豆は明治20年頃初代政吉が考案いたしました。鴨川の清流に晒す(さらす)京友禅の優雅さを思い、宮中の五彩色(端色)を使い創製しました。 五彩色とは 青は木、赤は火、黄は土、白は金、黒(豆政ではニッキの茶色)は水を表し、合わせて大地を象徴するものとされています。
まず良質のえんどう豆を京の湧き水を使って柔らかく仕込み、直火煎り掛けは5回行い、大きな粒に仕上げていきます。このように五色豆は出来上がるまでに10日を掛けて作り上げます。香ばしい豌豆の香りと上質の砂糖を使ったあっさりした甘み、そしてニッキ(茶色)の香ばしさと、清流の河口でとれた臭みのない青海苔(緑)の風味が楽しめます。

  • お買い求めはこちらから

いずれの豆も京の湧き水を仕込みに使い、手作りの風味と味付け、食材へのこだわりを持った豆の数々は甘いものから辛いものまで色々な風味が楽しめます。

【七味道楽】
【七味道楽】
上質のピーナッツに、京都・清水坂「七味家老舗」の特撰七味とスパイスを効かせたエスニック豆菓子。百味会同人「七味家老舗」とのコラボ商品です。ビールに最適です。
【味の旅】
【味の旅】
甘いものから辛いものまで8種類の多彩な豆のハーモニー。今一番の人気菓子です。
【万才豆】
【万才豆】
柔らかく揚げた空豆におろし土生姜を使った生姜砂糖を掛け、香ばしい胡麻をちりばめました。青は清流の河口でとれた臭みのない青海苔をまぶしました。お茶受け、ウィスキーに最適です。
【味の旅】
【わさびピーナッツ】
全国菓子博覧会で総理大臣賞受賞。ツン!とくるわさびの味とのり醤油が大粒のピーナッツにマッチしたやめられない味わいです。
【抹茶ピーナッツ】
大粒の落花生に、香り豊かな京都・宇治抹茶をたっぷり使った甘さ控えめのピーナッツ。大人の味わいです。
  • お買い求めはこちらから

創業120年記念創作新商品クリーム五色豆。
京名物 夷川五色豆にちなみ、豆政創業120年を記念して創作・発売した、新しいタイプの五色豆。柔らかい落花生の生地に、あっさりした甘みのクリームパウダーを丁寧にまぶし、可愛らしい五色に仕上げました。白はミルク、赤はいちご、黄はバナナ、茶はコーヒー、緑は抹茶と各色とも違った風味が楽しめます。柔らかな食感と、甘さ控えめの味付け、そして洋風の感覚を取り入れた今までにないタイプの五色豆です。

  • お買い求めはこちらから

古来より月にはさまざまな風雅・ロマンが託されてきました。本品は、この月ごころを味と形に写した京銘菓で、京都・大沢の池に浮かぶおぼろ月を模して創作しました。旨みのある北海道産小豆のぬれ甘納豆を琥珀寒天で丁寧に炊き上げ、満月の形に仕上げたのち薄白を掛けました。また、白小豆は希少な国内産の白小豆のみを使用いたしました。小豆本来の持つ旨みを最大限に引き出し、五色豆と並ぶ代表銘菓です。

〒604-0965 
京都府京都市中京区夷川通柳馬場西入る六丁目264
TEL 075-211-5211 FAX 075-211-4520

明治17年、創業者「角田 政吉」が京都夷川(現在と同じ場所)にて豆の雑穀商として創業。
明治20年に五色砂糖掛豆(現在の夷川五色豆)を考案し、京都駅で販売したことから京都名物となる。
現在、京名物夷川五色豆をはじめ、30種類以上のこだわりの豆菓子や、京銘菓すはまだんご・月しろ等おいしい豆にこだわった商品作りを展開している。
  • その他店舗のご案内
  • 豆政の歴史はこちら
  • アクセスマップ