豆の今後

豆の生産から消費

豆の今後は…

豆は、大昔から現代まで、米や麦などの穀類とともに、それらでは足りない栄養を補完し、人々の栄養の量とバランスの確保に寄与してきた大事な食品です。 現在でも、アフリカなどでは肉類が十分摂れないことから不足するタンパク質を補いビタミンやミネラルを摂取するため、豆を穀類とあわせて摂取していますが、いまだ満足する栄養の量とバランスが確保される状態に至っておりません。 一方、アメリカをはじめとする先進国では、肉類の過剰摂取と穀類や豆の摂取不足から長らく生活習慣病の増加に悩まされてきています。

FAO(国連食糧農業機関)では、アフリカのタンパク質の不足した食生活を改善するために豆の摂取を勧めています。同時に、穀物と豆を主体としたインドの食事を、栄養的に満足なものと評価しています。 また、アメリカでは、肉を減らして大豆などの豆を摂取することを勧めています。 栄養が足りない地域でも栄養が過剰な地域でも、食生活改善のキーワードは「豆」です。

日本でも、食生活の変化などから、糖尿病や心筋梗塞などの欧米型疾患が成人だけでなく若者にまで増加しています。 このため、若いうちから食生活の改善などにより健康で長生きできる体を作っていけるよう、国が力を入れているのが「生活習慣病対策」です。

「生活習慣病対策」では適度な運動や禁煙、節酒を勧めていますが、主要な部分は食生活についての数々の勧めです。 食物繊維やカルシウム、生野菜の摂取を勧めるとともに、減塩や脂肪を減らすことがそのポイントとなっています。この食生活は、いわば「2000年代の新しい日本型食生活」です。 このためのキーワードは、日本でも「豆」です。

豆は、昔から、嗜好品としては低カロリーである和菓子の材料として親しまれてきています。一方、世界各地では豆の料理は極めてポピュラーとなっています。しかしわが国では、お赤飯や、豆腐などの大豆製品を除いては、まだなじみが薄いかもしれません。 健康志向の世の中となった今、料理の中に豆を入れていくことは、2000年代に入った世の先端を行くといえましょう。 これからの健康のために、特に次世代を担う若者や子供が、いろいろな料理として、またいろいろな嗜好品として、「まめ」を毎日食べる習慣を持ちたいものです。

日本の新しい豆料理

食品の多様化や食事のとり方の変化などで、家庭では調理時間の短い調理が主流になってきています。 豆は体に大切な食品であるということは知識としては充分、分かっていますが、乾物からくるイメージで、調理に時間がかかるということで、つい食卓に供される機会が少ないようです。 最近では、スーパーの店頭には手軽に扱われる蒸し煮缶や水煮缶が多く並ぶようになってきています。これらも上手に使って、手軽にできる一品を家庭の味として作っていただき、バランスの良い食事をしてください。

[参考文献「豆類百科」日本豆類基金協会発行]

〒604-0965 
京都府京都市中京区夷川通柳馬場西入る六丁目264
TEL 075-211-5211 FAX 075-211-4520

明治17年、創業者「角田 政吉」が京都夷川(現在と同じ場所)にて豆の雑穀商として創業。
明治20年に五色砂糖掛豆(現在の夷川五色豆)を考案し、京都駅で販売したことから京都名物となる。
現在、京名物夷川五色豆をはじめ、30種類以上のこだわりの豆菓子や、京銘菓すはまだんご・月しろ等おいしい豆にこだわった商品作りを展開している。
  • その他店舗のご案内
  • 豆政の歴史はこちら
  • アクセスマップ